ハワイに行きたきゃ働かにゃいと!

育児と仕事の両立とか色々めげそうですが、ハワイに行きたいので頑張ります。

これから予約!シルバーウィークに沖縄に行くならツアーと個人手配でどのくらい値段が変わるか比較してみた

f:id:hatarakuasobu:20170806040000j:plain

以前「ハワイに行くなら個人手配とツアーだとどのくらい金額が違うか?!」という記事を書きましたが、それを見た友人から「沖縄も比べてほしい~。よろ☆」という素敵な無茶ぶりをいただきました。

国内旅行なら、なんとなくツアーの方が安くなるようなイメージがあるんですけど…。ホテルだけ予約するより、新幹線とセットのビジネスプラン、なんてものの方が相当安くなっていません?

そんなイメージを持っている私ですが、リクエストもいただいたことだし、せっかくなのでこの際調べてみました。

 

スポンサーリンク

手配条件:シルバーウィーク最終土日出発(旅行1か月前の手配)

今回比較してみる条件がこちら。

日程:2017年9月23日(土)~26日(火)

人数:大人 2名 子供 2名 ※ベッドあり

ホテル:日航アリビラ

フライト:往路/10時ごろ沖縄着、復路/19時ごろ沖縄発

2泊3日の沖縄旅行。両親+子供2人家族を想定しています。

ホテルは日航アリビラ希望とのことなのでそちらで。

2泊3日なので滞在時間がそこそことれるように初日は沖縄午前着、夕方まで沖縄にいられるようなフライトを選びました。その他のこだわりは特にありません。

既に8月に入っていますが、今からでも空きがあるものなのでしょうか。とりあえず検索検索…。

JTB 1

フライト:ANA

東京/羽田空港発(07:50)⇒沖縄/那覇空港着(10:20)

沖縄/那覇空港発(19:15)⇒東京/羽田空港着(21:40)

部屋:スーペリア・ツイン 朝食つき

その他:トヨタレンタカー Sクラス 車種無指定

旅行代金 合計 ¥320,400(税込)

レンタカーはどっちでもいいんですが、レンタカーつきのツアーだったのでとりあえずオプション料金の一番安い”車種指定なし”にしています。もしここにこだわるなら一人1,000円~1,500円くらい値段があがります。

JTB 2

フライト:JAL

東京/羽田空港(07:55発)-沖縄/那覇空港(10:30着)※クラスJ

沖縄/那覇空港(18:35発)東京/羽田空港(20:55着)

部屋:スーペリア・ツイン 朝食つき

その他:なし

旅行代金 合計 ¥330,600(税込)

こちらはJALフライトです。普通席が満席だったので往路のみクラスJになっています。とはいえ一人当たり2,000円の違いなので、もし普通席に空きがあったとしたら、「JTB 1」の値段とあまり変わらないですね。

HIS

フライト:スカイマーク

東京/羽田空港発(06:30)⇒沖縄/那覇空港着(09:15)

沖縄/那覇空港発(20:30)⇒東京/羽田空港着(22:55)

部屋:スーペリアオーシャンパティオ・ツイン 朝食つき

その他:なし

旅行代金 合計 ¥378,600(税込)

HISのツアーは空きが少なく、日航アリビラにこだわるならフライトがJAL・ANAのツアーはもう選択できませんでした。

どうやらホテルの「スーペリア・ツイン」がいっぱいで「オーシャンパティオ・ツイン」なら空きがあるようですが、そもそもHISでは「オーシャンパティオ・ツイン」を選べるツアーが少ないようです。JTBではまだまだスーペリア・ツインが選択できるので、ホテル全体での空きの話ではなく、単にHISが押えている枠や、設定がそうなっている、という話だと思われます…。

そんな状況もあり、ホテルは1つグレードが上の部屋にはなっていますが、往復スカイマーク利用でこの値段はJTBより割高に感じます。また羽田着が23時頃になるというのも子供連れ旅行にはイマイチ。もう1時間早い便は満席で選択できなかったんですよね。ここでもHISの押えている枠が…(略)。

なお「スーペリア」と「オーシャンパティオ」の部屋の違いは眺望です。「パティオ&海が見えるか見えないか」が異なるだけで、部屋の広さや階層は同じのようです。

f:id:hatarakuasobu:20170806013616j:plain

画像は公式サイトより。

脱線しますが、一番リーズナブルなスーペリア・ツインでも43㎡あるのが広々していていいですね。しかもラナイ付き。ハワイのホテルなんかスタンダードルームだったらシェラトンで22㎡、ロイヤルハワイアンでも31㎡しかないですよ…。

個人手配 1

フライト:ANA

東京/羽田空港発(07:50)⇒沖縄/那覇空港着(10:20)

沖縄/那覇空港発(19:15)⇒東京/羽田空港着(21:40)

¥158,120(スカイチケット

部屋:スーペリア・ツイン 朝食つき

¥138,720(るるぶトラベル

その他:なし

旅行代金 合計 ¥296,840(税込)

こちらは「JTB 1」と全く同じフライト・ホテルです。個人手配なので朝食は抜きにすることもできますが、比較のためにあえてつけてみました。違いはレンタカーの有無だけですね。「JTB 1」との合計価格差は、23,560円

レンタカーを別途借りる場合の費用をざっくり こちらで検索 したところ、1万円ちょっとかかるようなので、全く同じ旅行内容でも、最終的には個人手配のほうが1万円程度は安くなりました。 

個人手配 2

フライト:スカイマーク

東京/羽田空港発(06:30)⇒沖縄/那覇空港着(09:15)

沖縄/那覇空港発(19:30)⇒東京/羽田空港着(21:55)

¥121,720(スカイチケット

部屋:スーペリア・ツイン 朝食なし

¥105,400(るるぶトラベル

その他:17時チェックイン

旅行代金 合計 ¥227,120(税込)

こちらはとにかく最安値を目指したチョイスです。難点はチェックイン時間が遅めの17じ以降になってしまうこと。まずはホテル荷物をおいてゆったり。という人には向きません。そのかわり、るるぶトラベルの中でもかなり値段が抑えられた格安プランになっています。

また、フライトもスカイマークです。復路は先ほどの「HIS」では選択できなかった便を選べているだけ、少しは条件がよくなった…かも。

個人手配 3

フライト:往路 ANA/復路 JAL

東京/羽田空港発(06:40)⇒沖縄/那覇空港着(09:10)

沖縄/那覇空港発(18:35)⇒東京/羽田空港着(20:55)

¥150,120(スカイチケット 

部屋:プレミアオーシャンパティオ・ツイン 朝食なし

¥156,400(るるぶトラベル 

その他:なし

旅行代金 合計 ¥306,520(税込)

最後に個人手配ならではの細かいチョイスを入れたプランです。

往路は1本早い便だと1人2千円安くなるので、頑張って早起きして節約。そのかわり復路は少し早めに帰宅します。JALでもANAでも最安値の時の値段はあまり変わらないですが、往路ではJALの最安値の航空券がもうなかったので、復路だけJALにしてみました。

本当はクラスJでのんびり帰るプランにしたかったんですが、夕方~夜の便のクラスJには安い航空券の空きがありませんでした。みんな考えることは同じのようです。

そしてこのプランの最大の特長はホテルのお部屋のグレードアップです。スーペリアより3ランクも上の「プレーミアオーシャンパティオ・ツイン」をチョイスしています。

f:id:hatarakuasobu:20170806030053j:plain

画像は公式サイトより。

部屋の広さは他とかわらず43㎡です。なにが違うかというと「高層階・オーシャンビュー」というところがポイント。あと、内装がオレンジベースで明るいです。これは好みなのでどっちでもいいかもしれませんが。

これより上の「オーシャンフロント」だと、そもそもの部屋数が少ないのか空きがあまりないか値段が突然高くなるので、ここまでのアップグレードにしてみました。

朝食がついていないのと、レンタカーももちろんついていないので、最終的には「JTB1」「JTB 2」と同じくらいの費用感になりそうです。

最安値は…?!

一度まとめてみます。

f:id:hatarakuasobu:20170806031617g:plain

私の最初の予想に反して、やっぱり沖縄に行くにも個人手配の方が安かったです。

もちろん最安値はスカイマーク利用&チェックインに縛りありの「個人手配2」。ツアーより10万円近く旅費を節約できています。

それにしてもHIS…。スカイマーク利用なのに高いです。

多少部屋はよくなっていますが、同じスカイマーク利用でも「個人手配 2」に5万円足せば、お部屋をプレミアムルームにアップグレードできます。そうすると、HISより10万円も安いのに、お部屋はHISよりいい!ということになってくるので、かなり微妙です。

HISは、ホテルも航空券も他と比べて選択肢が少ない印象でしたので、少なくとも1か月半前のタイミングだと、満足のいくプランになるのが難しそうです。もっと早く予約すれば安く、希望通りの選択ができるのでしょうか…。

それに対してJTBは、多少割高にはなりますが驚くほど高い!というわけではないですし、ホテルも航空券もじっくり選ぶことができました。「自分であちこちのサイトから予約をするのが面倒&朝食もちゃんとホテルで食べる!」という人は、1回で予約がすむJTBを選ぶのも悪くはないですね。

個人手配旅行のメリットデメリット

個人手配でのデメリットは複数サイトを利用して申し込むので、キャンセルポリシーもそれぞれ。子連れ旅行だとちょっと心配な「急な用事でキャンセルしたい!」という時にそれぞれに連絡が必要となり、面倒です。逆に言えば、部分的なキャンセルにも対応できる可能性がある、というメリットでもありますが…。その点ツアーだと、予約もキャンセルも変更も1回。細かい対応ができなくても、とにかく簡単なのがいい人にはツアーがむいています

とはいえ、もちろん安くすむのは個人手配。眺望や朝食、フライト時間など自分が気にならないところを節約して、その分こだわりたいところにお金を掛けることができるのが最大のメリットです。

HISでさくっと申し込んだ人と個人手配最安値では15万円も差がついています。15万円あれば、家族4人で1泊してディズニーランドに行けますよ。

まとめ

ハワイに行くならJTB!沖縄に行くにもJTB!

安くしたいなら沖縄旅行でもやっぱり個人手配!

あと、るるぶトラベルは安すぎです!期間限定価格なのかもしれませんが、ダントツでした。私が普段調べるホテルだと、「じゃらん」が最安値のことが多いんですが…。いずれのサイトも個人手配旅行の強い味方です。

関連記事